So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

観る人の役割 [雑記]

ぼのぼの第3巻より

b01.png

このようなセリフがありました。
「見てるのってスゴイッ」

これは、どのようなことにも当てはまる、とてもスゴイセリフだと思います。

先日イチロー選手が引退しましたが、彼は記者の低レベルな質問には答えなかったそうです。
おかげでマリナーズ担当の記者は相当野球のことを勉強して取材に臨んだそうです。

サッカーに関しても、最近日本がワールドカップに出ることが多くなってきましたが、Jリーグ発足当時は「日本がワールドカップに出られるようになるのはいつなんでしょうね」なんて普通に言われていました。

上にあげた例で何を言いたかったのかと言うと、見る人ってスゴイということなんです。

演劇に例えてみますと、演者と舞台だけがあっても演劇は成立しません。
演劇には観客が必要なのです。
つまりは観る人です。

観客の質が高ければ高いほど、演者は高度な演技をしなければ観客が満足しません。

イチロー選手は、このことを知っていたのだと思います。
つまり、観客の質が悪ければ、スポーツでも演劇でもなんでも成長しないということなのです。

観客がその分野を育てると言い換えてもいいでしょう。

スポーツ選手や俳優にはなかなかなることはできません。
しかし、そのスポーツや演劇などを観る人には誰でもなることができます。
できれば「する人」になりたいのはあるでしょう。
でも、「する人」になれるのは一握りの人だけ。
夢破れてしまう人も多いでしょう。

しかし、好きだったことをあきらめてしまったり嫌いになったりする必要はないのです。
まだ「観る人」になる役割が残っています。
「観る人」の力は絶大です。
良質な観客のいる分野は、大きく発展しています。

観客のレベルによって、その分野は発展もするし、衰退もします。

国内プロリーグの発足した当時の日本サッカーはまだ強くはありませんでした。
しかしあれから数十年。日本のサッカーは飛躍的にレベルアップしました。
サッカーを観る人の目が世界レベルになってきたからこそ、ワールドカップにも出られるようになったといっても過言ではないと私は思います。

ゲームでもアニメでもスポーツでも音楽でも絵画でもなんでもそうです。

観る人のレベルによって、作品や強さのレベルは高まるのです。

あなたが注目している分野のレベルがまだ低いものだとしたら、それは観る人の目がまだ育っていないといってもいいでしょう。
本当に好きな分野があり、自分がその舞台に立てないのだったら、観る人の立場に立って、応援するという道もあるのです。

「見てるのってスゴイッ」からそんなことをふと思ったのでした。




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

FC版 ファイナルファンタジーIII クリア [レトロゲーム]

久しぶりにファミコン版のFFIIIを遊びたくなって、一週間くらいプレイしていました。

FFIIIは子どものころとてもよく遊んでいて、一番大好きなFFでもあります。
しかし、最後のダンジョンが長くて、一晩電源をつけたまま寝て翌日の朝クリアしたような記憶がありますね。

クリスタルタワーから闇の世界まで回復ポイントも少ないのも、このゲームの大変なところなのですが、記憶をフル回転して、当時ファミマガに載っていた裏技を思い出しました。

Final Fantasy III (Japan)-2.png

クリスタルタワーの前でセーブできるのはいいのですが、回復手段が少なくて困っている方に!

Final Fantasy III (Japan)-3.png
①、エウレカに行きます。

Final Fantasy III (Japan)-4.png
②、すぐに戻ります。

Final Fantasy III (Japan)-5.png
③、ここだとワープできるので、ここでデジョンを使います。

Final Fantasy III (Japan)-7.png
④、入るのに1回、出るのに1回、計2回ワープしているので、デジョンは01を選びます。

Final Fantasy III (Japan)-9.png
⑤、真っ暗な空間に出るので右に進みます。

Final Fantasy III (Japan)-10.png
⑥、なぞのベッドのようなものがあるので、そこに乗ると回復します!

⑦、帰りはテレポを使ってください。

これで、攻略しやすくなると思います。

その後

2ヘッドドラゴンとくらやみのくもが強かった…

Final Fantasy III (Japan)-19.png

勢いで倒して

Final Fantasy III (Japan)-21.png

Final Fantasy III (Japan)-23.png

クリアしました!

やっぱり、FFIIIは面白かったです。
特に曲がいいよね。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

ドラゴンクエストXI Sだと…!? [ゲーム]

散々やりつくしたと思っていたDQ11ですが、今度Switch版が出るそうです。
友人から情報を聞いたときは、ふーんぐらいにしか思わなかったのですが、

公式サイトをチェックしたところ衝撃の内容があったのですよ。

なんと「声が出る」!

しかも「オーケストラ音源」!

やばい。Switch買えってことかー?

小清水亜美のマルティナとか、内田真礼のベロニカとかめっちゃ聞きたい。

PS4版のDQ11にも声のパッチはよう!はよう!3,000円までなら出すから!

2019年秋の発売らしいので、それまでに本体買うかどうか決めます。

あ、PC版出してくれてもいいのじゃよ!?もちろん声付きバージョンね!




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

アトラクトモードをいじる [ゲーム]

近頃、エミュレータのフロントエンドである「アトラクトモード」に凝っております。
まあ、ランチャーなのですが。
全画面でも起動できるので、古いPCをゲーム専用機にするのにいいかもしれないと思って、レイアウトを考えてました。

最初は他の方が編集したテーマでいろいろしていたのですが、シンプルなものがあまりなく、結局自分で作り始めました。

内容はそんなに難しくないのですが、解説が少なく、あっても英語ばかり。
英語の解説は分かるけど、疲れます。

だれか、詳細な解説作ってくれないかなあ。
たぶんそれがあれば、だいぶ作るの楽になるんだけどな。

なんとか試行錯誤しながら、超シンプルなテーマを作りました。
動画も仕込めるらしいですが、そんな重たいものイヤです。

画面写真でもいいのですが、パッケージの方が遊びたくなりそうな気がしたので、パッケージ写真を選びました。BoxArtってやつでしょうか。

attract 2019-02-08 01-30-42-806.jpg

attract 2019-02-08 01-31-31-744.jpg

attract 2019-02-08 01-31-48-885.jpg

attract 2019-02-08 02-12-44-860.jpg

attract 2019-02-08 02-12-48-149.jpg

基本的にはMAME用?なのですが、PS2やPS1、ファミコンなんかも登録すれば動かせます。
うん、大変だけど楽しいなこれ。

本当は、BoxArtの下に解説の一つも入れようかと思ったのですが、よく分からなくなったので断念。
あと、アスペクト比をどうやったら設定できるのかも分かりません。

だれか詳しい方、日本語の解説作って!w



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

少女☆歌劇レヴュースタァライト [アニメ・小説]



今さらながらですが、最近録画しておいたコレを一気見しました。

公式サイトによると、「ミュージカル×アニメーションで紡ぐ、二層展開式少女歌劇」

ウテナっぽいのかなと思ってみてみると、第1話のレヴューシーンでスタァライトされてしまいました。

最初は、展開のパワーに押されて圧倒された感じでしたが、落ち着いて見直すと実に無駄がない。

キリンの言っていることが、最初はわからなかったですが、2回目を見直してみると、よくわかるのです。

いや、「わかります。」

少女たちの感情のぶつかり合いを「レヴュー」という形でアクションとして表現したことで、重さもなく、ともすれば重くなりがちな話を実にさわやかに展開させています。

特に10話から最終回にかけての展開は鳥肌モノでした。熱い。

ちょっとユリっぽいので、そこが苦手でなければお勧めしたい作品でした。

色々と考察することができる作品でもあるので、何度見ても楽しめます。

さくっとミュージカルっぽく楽しむもよし、考えながら何度も見直すもよし、スルメな楽しみ方のできる作品です。面白かった。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近のリフレッシュ:いろいろな方法で音楽を楽しむ [オーディオ]

仕事の方も落ち着いてきました。

最近の気分のリセット方法は、音楽を聴くことです。
外ではWalkmanで、家ではオーディオで心をいやすようにしています。

いろいろな方法で音楽を聴くことが最近の楽しみです。

ずっと前にも載せたSonyのHAP-S1は、今でも使っています。

PB060005.jpg

そのままだとちょっとだけ物足りなかったので、電源とRCAケーブルを交換しました。

PB060006.jpg

電源は、オヤイデのTUNAMI GPX-R V2 というのにしてみました。
RCAケーブルは、オルトフォンのAC-3800 Silver にしました。

これのおかげで、かなり音質が向上し楽しく音楽の世界に没入できます。

ちなみにアンプはMarantzのNR1608を使っています。

PB060011.jpg

AVアンプですが、結局ピュアダイレクトで聴いているので、ちゃんとしたプリメインアンプに将来的にはしたいと思っています。

スピーカーは、B&WのCM-1 S2を使用しています。

PB060008.jpg

バイワイヤリングにしようかとも思いましたが、面倒だったのでジャンパー線を交換して使っています。

PB060010.jpg

たかがジャンパー線と侮るなかれ、かなり効果的です。

あと、電源タップも変えています。

PB060009.jpg

ベルデンのそんなに高くないやつですが、普通の電源タップと比べたら全然違います。

ほかにも、再生オプションを用意しました。

Walkmanには歌ものが多く入っているので、歌を聴きたいときはクレイドルにWalkmanをさしてUSB-DACからアンプに繋げました。

PB060012.jpg

USB-DACはifIのnano iDSD LEにしました。
SPDIF端子を省いた廉価版的な扱いですが、これがまたなかなかいい。

PB060014.jpg

あとは、ストレージに入っているその他の音楽を聴きたいときは、PCを使います。

PB060007.jpg

こちらもUSB-DACに送って鳴らします。

家ではヘッドフォンよりもスピーカーを使うことが多いです。
どこかで聞いた話では、音波を体に浴びることが体にいいという噂なのでリフレッシュという点でスピーカーを使っています。

うちにあるのは、とてもハイエンドといえるものはありませんが、少し手間をかけてやることで十分鑑賞に堪える音になると思っています。

この世界は自分がどこで納得するかだと思うので、それぞれの基準で楽しめばいいと思います。

でも、欲は出てくるもので、もうちょっといいアンプとかスピーカーとかほしいなと思ってしまいまして、貯金しているところだったりします。

スピーカーも変えたいし、アンプも変えたいなあ。

まあ、そのうちです。そのうち。



タグ:オーディオ
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

1年ぶりにDQX復帰 [ドラゴンクエストX]

8月に入って少し時間ができたので、DQXに復帰してみました。

これまでためていたストーリーやクエストも一気に消化してしまいました。
やっぱりDQのストーリーは楽しい!
バージョン4の新しいストーリーも楽しみです。

そして、やっぱりお楽しみはドレスアップ!
今回もいくつか作ってみましたよ。

その1
447794917.jpg
ブレイブメイルを中心にグレーブルーで染めてみました。

その2
447801186.jpg
防衛軍の上とカミルのローブ下。
色はチョコレートとブラック。
チョコレート色、高いね!びっくりした!

その3
447584316.jpg
古強者の上と古武道の下でドレスアップ。
頭は活発な感じを出したかったので、どうぐ使いの頭にしてみました。

DQXは面白いんだけど、フレさんが休止中の方が多くて、そこだけが残念。
みんな帰ってこないかなあ。

今後、時々DQXネタもはさんでいこうと思います。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

あそぶということ [雑記]

今回は、遊びについて考えてみたい。
そもそも遊びとは何かということを定義しておく必要がある。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説によると以下のように書かれていた。

身体的・精神的活動のうち食事,睡眠,呼吸,排泄など直接生存のための活動を除き,仕事と対立する概念である活動をいう。仕事は他の目的達成のための手段であり,仕事自体は苦痛であることも,また強制されることもある。それに対して遊びは活動自体が喜びや満足をもたらし,他から強制されず,自発的に行われ,通常まじめな目的や目標からの離脱が含まれている。

そう、遊びとは仕事と対立する概念なのだ。

遊びは面白い。
なぜ面白いのかを考えると、それは自発的に行われるという点にあると思う。
子どもにとっての遊びとは社会の習慣や役割を身につけるといった重要な意味をもっている行為であるが、大人にとってはどうなのだろうか。
大人にとっても遊びは楽しい行為である。
誰から強制されたわけでもなく、自主的に好きなことで心を癒すのである。
もしくは、ストレスを解消するのである。

「好きなことを仕事にできたらいいのに」
こんなことを考えたことのある人も多いのではないだろうか。
しかし、好きなことは趣味に留めておいたほうがいい。

趣味や遊びは強制されないからこそ面白いのである。
仕事とは、義務を伴う。
義務感のある遊びは遊びとは言わない。
だから仕事なのである。

趣味が、遊びが面白いのは、どうでもいいことに全力を出すからこそ面白いのであって、義務感が出てしまうとそれはもう楽しくなくなってしまうのである。

私はゲームが好きで、一時期仕事で記事を書いたこともあった。
しかし、好きなゲームならいくらでも書けるが、特に関心のないソフトを紹介するためにプレイするのはとてもつらいことだった。

オンラインゲームはその最たるものだと思う。
はじめのうちは自分で考えるし、攻略する楽しさ、探検するワクワク感に満ちている。
こんなに楽しい経験はないと思えるほど面白かった。

しかし、ある程度強くなって慣れてくると、「楽しいからする」といった内発的動機づけではなく「〇〇が欲しいからする」といった外発的動機づけになってくる。

その時点から義務感が湧いてこないだろうか。
「FFは遊びじゃない」とはよく言ったものだ。

遊びでストレスをためてどうするんだ。

「ゲームは一人でするものよ」と淡路恵子も言っていた。
ゲームを遊びととらえた場合、この言葉は真であると思う。

内から湧き上がるパッションで遊んでいたいと思う今日この頃である。


タグ:ゲーム 遊び
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

あたりまえってなんだろう [雑記]

みなさんはこんな求人をみたことはないだろうか。

「明るく元気な方募集します」

募集した側は、これならだれでも応募できるだろうという目算なのかもしれない。
しかし、元気なのはあたりまえではないことを、私は知っている。

私は十数年、病気で苦しんできた。
元気なのはあたりまえではないのだ。
簡単なアルバイトですら、応募できないのだ。

元気なのは、健康なのはあたりまえだというのは、健康な人の発想だ。
私も病気になる前は健康に気を使ったことすらなかった。
元気でないことのつらさなど、思ったこともなかった。

健康のすばらしさは健康でなくなってはじめて気づくものなのだ。

幸いなことに、私はいろいろな人と出会って多少元気になることができた。
新しい仕事にも就くことができた。
体が動くってすばらしいことだ。

ほかにも、当事者でないとわからないあたりまえではないことが世の中にはあふれている。
気にしないでいると気づかないあたりまえと思われていることはたくさんあるのだ。

だからといって、すべてに配慮しろと言いたいわけではない。
ただ、そういう人もいるのだということを少しだけ頭の隅に置いておいてほしいのだ。
世の中のあたりまえに苦しんでいる人に少しだけ目を向けてほしいのだ。

そういう人は一般的に障がい者と呼ばれている。
病名によって大まかな症状はわかるが、障がいの度合いやどんな症状が出るのかは人それぞれだ。一概にひとくくりにはできない。

障がい者の側は、自分にどんな障がいがあり、どんな配慮が必要なのか自分で説明できるようにならないといけないと思う。
人それぞれに症状が違い、配慮してほしい事柄も違うからだ。
それができるようになるには、障がい者自身が自分と向き合って自分がどんな人間なのか振り返らなければならない。これはとてもつらいことだ。
しかし、過去があっての今の自分なのだから、自分を受け入れるためにも過去を振り返り、何がつらいのか、何に配慮してほしいのか向き合わなくてはならない。
それを乗り越えなければ、社会復帰できないと思う。

私も一年ほど就労支援施設に通った。
そこで、いろいろな症状のある方たちと一緒に訓練をしてきた。
十何年か前に職場復帰プログラムを受けたことがあったが、その時はなぜこんなことをするのか、効果や目的がわからず結局その職場は退職せざるを得なかった。

目的を知るということはとても大事なことだ。
目的を知るということは、その効果を信じることだと思う。
信じることができなければ、どんな効果的な訓練であっても受け入れることはできないだろう。私も実際そうだった。

目的を考え、信じ、受け入れることで効果は上がるのである。

話がずれた。

今回言いたかったことは「あたりまえ」とは何かということだった。
みなさんが感じているあたりまえは、あたりまえではない。
できない人もいることを知ってほしかったのだ。
もし、そばに「あたりまえ」ができない人がいたら、その背景を考えてほしい。
もしくは、どうしたら「あたりまえ」ができるようになるか聞いてほしい。
障がいのある人は、聞かれたときに答えられるように自分と向き合ってほしい。

両者の溝が埋まった時、はじめて配慮がなされたと言えるのではないだろうか。

そして、障がいがある人もない人も幸せに過ごせるようになることを祈るのである。
それが「やさしさ」なのではないだろうか。

私は、十数年の病を抱えたままだが、就職することができた。
会社には配慮してほしいことを伝え、実際に配慮してもらいながら働いている。
「あたりまえ」のことが「あたりまえ」のようにできることのなんとすばらしいことか。

体調に気をつけ、今度はくじけないように働いて生活していきたいと思う今日この頃である。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

AVアンプでオーディオ再出発 [オーディオ]

転職先も無事決まり(転職活動していました)、自分へのお祝いにAVアンプを購入しました。
昔のシステムは、さる事情から使えなくなってしまったので、お手軽な構成での再スタートです。

今回のシステムは、こんな感じにしてみました。

DSC_0003.JPG

アンプ:Marantz NR-1608
プレイヤー:DENON DCD-755RE
スピーカー:B&W CM1 S2

AVアンプにした理由は、モニター周りにHDMI機器が増えすぎてしまったことと、TVにデジタル出力がないので、音に不満があったことからです。

AVアンプにしてよかったことは、Blu-rayの音が半端なくよくなったこと。
サラウンド環境は整えていませんが、2chでも十分に映画が堪能できます。
すげえ迫力です。

PS4のゲームも臨場感が全然違います。
これは楽しい。

CDが聞けないのは悲しいので、適当にデジタル出力できる機種を選びました。
めっちゃエントリーモデルのDCD-755REですが、光TOSで出力すればいい音を響かせてくれています。

うちに必要だったのは、立派なアンプではなくてAVアンプだったのかなあと思わせられるほどの満足度です。

だって、5畳しかないんだもの。私の部屋。

DSC_0005.JPG

椅子に座って鑑賞するのが正位置です。

ハード面が揃ってきたので、コンテンツも増やしていきたいなあ。
安定した収入があるっていいなあ。

今後の楽しみが増えました。






nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -