So-net無料ブログ作成
検索選択

ひな祭りと桃の節句 [お仕事関連(教育)]

ひな祭りと桃の節句

3月3日に新中1の国語で授業をもたせてもらったので、簡単な講話的なものを考えて、授業の導入に使いました。

ネタは「桃の節句」

子どもにもなじみのある話なので、比較的楽しんでくれたように思います。
備忘録として、ネタを保存しておきます。

ひな祭り-

今日は何の日かご存じですか。
- ひな祭り・桃の節句 -
そうだね。桃の節句なんてよく知っているね。
桃の節句の話もするんだけど、先にひな祭りの話からするね。

古くから紙で作った人形を川に流す「流し雛」というのがあるのですが、これ、人形に自分の穢れを移して、川に流す厄払いの行事だったんですね。

ところで、「ひな」と出てきましたが、いつ頃からお雛さまはあったのでしょうか。

最初は平安時代、子どものままごと遊びで、人形(紙で作ったもの)で遊んでいたらしいです。
室町時代になると、人形が立派になります。流すものから飾るものへ変わっていきました。
江戸時代になると、桃の節句が女の子の節句に決められました。そのせいもあってか、人形はより豪華になり、ひな壇に飾られるようになりました。
そんな感じで、皆さんの知っている現代のひな祭りに繋がっていくのですね。

ところで、先ほど今日は「桃の節句」といってくれた人もいましたね。

桃の節句-

古事記という、日本の神話をまとめた本があるのは、知っていますよね?
その中に、伊弉諾尊(イザナギノミコト)が黄泉の国から帰ってくるときに、桃を悪霊に投げつけて逃げる話があるのです。

神話の中では、悪霊とか邪気とかを祓う力があるとされてきた不思議な樹木なんです。

実際、昔の宮中では、鬼を祓うために桃の木から作った木刀や弓矢を使って、行事が行われていました。

桃の木には、悪いことを祓う力があると信じられていて、それは今でも続いているんだね。

このことから、女の子の健康を祈って、桃の節句という日が定められているんだね。

ところで、有名な魔を祓う物語があるのだが…
「桃太郎!」
君たち察しがよすぎ!まあ、イージーすぎる問題だったね。

ココまで

5分で調べて話したわりには、ウケたようでした。

授業内容とはあまり関係ないけど、私は導入、大事だと思ってます。
ほどよく教室が温まれば、勉強に集中できるし、面白いって思ってくれるかもしれないし、なにより教師の話を受け入れやすくなる効果があると思うんです。

なので、そのときそのときに応じた話題っていうのは、常に探しておいた方がいいのかなって思います。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました