So-net無料ブログ作成
検索選択

PC周りの音楽再生環境をつくってみたよ [オーディオ]

ずいぶんと前の更新から時間が経ってしまいました。
いろいろと忙しかったのです。(いいわけ

今回は、PC周りの音楽再生環境ができたので、それの紹介です。
なるべく安く、比較的高音質を追求してみました。

P1020185.jpg

まずは、スピーカー。
ヤマハのPB200というスピーカーを選んでみました。
これは、ペアで8,000円とかなりリーズナブルなお値段。
しかし、評判が良いのです。
せっかくなので、試してみました。
付属のスピーカーケーブルは、細くてイマイチでしたので、マランツの1メートル300円くらいのを用意しました。
ついでにバナナプラグも購入。
間に余計なものがはさまらない方が、音質的にはいいらしいですが、利便性を考えてバナナプラグを装着させています。

まさか、ケーブル一本でここまで音が良くなるとは思っていませんでした。
マランツのケーブルなので、ふわっとしたマランツの音がします。
いままで聞こえづらかった音もはっきりと聞こえます。

さすがに、もっといいお値段のスピーカーにはかないませんが、これ単体で聞くと3~4万くらいするスピーカーのような感じになりました。
これからUSBオーディオを始めたいという方に、とてもオススメしたいスピーカーです。
コストパフォーマンスがかなりいいデス。

次いでアンプです。
PCの側に置きたかったので、比較的小さめで、それなりに音が出アンプを探しました。
そこで購入したのが、ソニーのUDA-1。
置き場所も工夫して、モニターの下に置いてみました。
ダイヤルが回しやすく、いい感じです。
しかも、スピーカー端子のあるアンプなので、これ一台で済むというのもポイントでした。

P1020186.jpg

また、ウォークマン(NW-ZX1)とフロントのUSB端子をつなげる事もでき、非常に便利です。
私のもっている音源は、ほとんどがCDからリッピングしたものなので、フロントUSBでも十分なのです。
ハイレゾ音源をかけてみると、きちんと音は出ているのですが、周波数を示さないので、もしかしたら44.1kHZにダウンコンバートしているかもしれないです。(推測です

さすがに、ここまでするとMP3とFlac、ハイレゾの違いがわかってしまいます。
もうMP3には戻れません。
それくらいの音でした。

さて気になる費用ですが、かなりお手頃な価格で揃える事ができました。

アンプ(UDA-1):45,000円くらい
スピーカー(ヤマハBP200):ペアで8,000円くらい
スピーカーケーブル:1メートル300円くらい
バナナプラグ:8個で5,000円くらい

全部合わせると、5~6万です。

個人的にはかなり満足のいくシステムができあがったと、自己満足しています。
こういうのって、凝りだしたら際限なくかかるのですが、自分が満足すればそれで良いんじゃないでしょうか。

いまは、ウォークマンから音楽を再生したり、USB-DACとしてPCから再生したりするのが、とても楽しいです。

なかなか楽しいので、ぜひいろんな方に挑戦していただきたいと思いました。



今回使用した機材


SONY USB DAC アンプ ブラック UDA-1/B

SONY USB DAC アンプ ブラック UDA-1/B

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



ヤマハ NS-BP200(BP) スピーカーパッケージ (2台1組) ピアノブラック

ヤマハ NS-BP200(BP) スピーカーパッケージ (2台1組) ピアノブラック

  • 出版社/メーカー: ヤマハ
  • メディア: エレクトロニクス



SONY ウォークマン ZXシリーズ <メモリータイプ> 128GB シルバー NW-ZX1/S

SONY ウォークマン ZXシリーズ <メモリータイプ> 128GB シルバー NW-ZX1/S

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0